SDGsSDGsについて

SDGs宣言

AJグループは「事業を通じて、社会、企業のラポールとなり、顧客満足、社員満足を追求し、永続的に社会の発展に貢献する」を理念とし、「人と組織の価値を最大化する」をミッションとしており、この経営理念は、国際連合が提唱する「SDGs(持続可能な開発目標)」と志を同じくするものです。
当社は社会全体やあらゆるステークホルダーの課題と真摯に向き合い事業活動をしてまいりました。
雇用のあり方や働き方が多様化する中において、個々においてQOL(個人の人生の充実)や、働く意義を真剣に考えなければなりません。
当社は、事業活動を通じてHR領域における様々なソリューションに取り組むと同時に国際目標「SDGs」の達成に貢献してまいります。

SDGsとは

持続可能な開発目標『SDGs』(Sustainable Development Goals)は、2001年に策定されたミレニアム開発目標『MDGs』の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ』にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール、169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。安全・安心で快適な社会の持続的発展と、健全で恵み豊かな環境の保全や継承を支える事業活動を展開しています。
詳細はこちらよりご確認ください。

サスティナビリティ

サステナビリティとは、「企業の事業活動」と「環境問題や社会的問題の解決」との整合性を高めることで、企業と社会との間に「共通価値の創造」を目指す考え方であり、当社の経営理念である「事業を通じて、社会、企業のラポールとなり、顧客満足、社員満足を追求し、永続的に社会の期待に応える」「人と組織の価値を最大化」というミッションとも合致致します。当社は、サステナビリティを重視し、事業活動を通じて持続可能な社会の形成に貢献してまいります。

エシカルでサスティナブルな社会の実現

エシカルとは英語で、直訳すると「倫理的」という意味です。一般的には、「法的ではないものの、多くの人たちが正しいと思うことで、人間が本来持つ良心から発生した社会的な規範」「人や地球環境、社会、地域に配慮した考え方や行動のことです。
私たちは事業を通じてはたらく人や雇用、地球環境、社会に配慮したエシカルでサスティナブルな社会の実現に貢献いたします。

サーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーとは、循環経済のことです。
昨今日本においても環境資源の循環にフォーカスされています。
「資源」という意味においては、「ひと」も大切な資源です。私たちは地球上でもっとも尊い資源は「ひと」であるという定義をしています。
私たちは「人と組織の価値を最大化する」というミッションの下、誰もがイキイキと継続的にはたらき、個々において価値を最大限発揮し続けられる未来を創造してまいります。